1、2年190人が力走 熱海高がマラソン大会

熱海版 2018年02月08日

一斉にスタートする女子生徒たち=熱海高
一斉にスタートする女子生徒たち=熱海高

 ■男子は石橋君V、女子は関野さん

 県立熱海高は7日、第47回マラソン大会を開いた。1、2年生190人が起伏あるコースを力走し、男子は2年の石橋佳祐君、女子は1年の関野桜さんが優勝した。

 体力、精神力の向上を目指す恒例行事。同校グラウンドを出発し、林道中野線を男子は鹿ケ谷公園、女子は弁慶橋付近で折り返す10キロ、6キロのコースで競った。

 開会式で杉山禎校長は「マラソンは順位も大切だが、自分との戦いであることを忘れてはいけない。授業、部活動で培った力を十分に発揮してほしい」と激励した。

 生徒は号砲を合図に、制限時間内のゴールを目指して学校を勢いよく駆け出した。上り坂では苦しそうな表情を浮かべながらも、足を止めないよう、懸命に走り続けた。

 大会には保護者らも協力し、コースの安全確保に当たったほか、ゴールした生徒に豚汁を振る舞った。

 上位の結果は次の通り。

 【団体】(1)21HR(2)13HR(3)11HR

 【男子】(1)石橋佳祐(23HR、42分13秒)(2)小板橋俊(21HR)(3)坂本遥人(同)(4)貴志颯馬(22HR)(5)菊地玲玖(21HR)(6)高田千弘(同)(7)遠藤基(23HR)(8)中山信乃輔(12HR)(9)木下康熙(同)(10)高橋嶺弥(22HR)

 【女子】(1)関野桜(13HR、30分51秒)(2)向井杏乃(同)(3)会沢明華(21HR)(4)太田葉月(22HR)(5)永屋有梨(同)(6)西尾結衣菜(12HR)(7)高田明香里(同)(8)渋谷歩季(13HR)(9)足立彩名(22HR)(10)宇佐見仁望(11HR)

 【写説】一斉にスタートする女子生徒たち=熱海高

各地の最新の写真
伊東
伊東ジュニア陸上に伊豆賞 本社からブロンズ像
下田
夜の河津桜、楽しみ歩く 観光客や住民ら170人―まつり実行委
中伊豆
中高生4人に手話指導 五輪・パラに向け講座―伊豆
熱海
生ワカメ詰め放題盛況 2イベント同時開催―熱海・長浜海浜公園

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)