冬到来“白いカーテン” 伊豆山・七尾で大根干し進む―熱海

熱海版 2017年11月30日

天日干しにしたたくあん用大根がずらり=伊豆山
天日干しにしたたくあん用大根がずらり=伊豆山

 熱海市伊豆山の七尾地区で、特産品「七尾たくあん」用の大根干し作業が進められている。相模灘を見下ろす山の斜面のあちこちに出現した“白いカーテン”が、冬の到来を告げている。

 同地区では7軒が計70アールほどでたくあん用大根を栽培し、例年11月半ばに収穫を始める。大根は2~3週間ほど天日干しをした後、漬け込み作業に入る。約30アールの畑で栽培を手掛ける友和組合(山田博良社長)の顧問・守屋吉雄さん(83)も天日干しなどの作業を進めていて「今年は大根の作柄が良く、いい風が吹いているから乾き具合もいい。おいしいたくあんができる」と話す。

 収穫作業は12月上旬まで続く。漬け込みは正月用の浅漬けが既に始まっていて、年明けには3年間熟成する本漬けの作業に入る。合わせて240トンほどを漬けるという。

 生産者の高齢化と減少を受け、農事組合法人だった友和組合は今春、事業継承のために株式会社となった。

 【写説】天日干しにしたたくあん用大根がずらり=熱海市伊豆山

各地の最新の写真
伊東
27段400体、壮観 伊東市役所に雛人形飾り登場
下田
災害時の電気・通信確保 工事協組支部と防災協定―松崎町
中伊豆
読み聞かせや歌披露 保育園児と交流―伊豆の国・東部特支高等部
熱海
4月からの報酬改定など 稲葉さん招き研修―熱海市介護事業者連

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)