ワイン飲みチーズの味比較 ソムリエ平賀さん―熱海

熱海版 2017年11月29日

参加者の質問に答える平賀さん(右)=昭和町の起雲閣音楽サロン
参加者の質問に答える平賀さん(右)=昭和町の起雲閣音楽サロン

 ■各国の製法ビデオで紹介

 熱海国際交流協会(松本義広会長)は28日、熱海市昭和町の起雲閣音楽サロンで国際理解講座を開いた。会員や一般60人が受講し、日本ソムリエ協会公認で市内に住む平賀冨士子さんから「チーズとワインの話」を聞いた。ワインを飲みながら各国のチーズの味を比較した。

 平賀さんは、フランスチーズ鑑評騎士の会などにも加わる。イタリアやトルコなど、各国の伝統的なチーズの製法をビデオで紹介した後、試食するゴーダ、ゴルゴンゾーラなど7種類のチーズを説明し、有機農法を前提にした自然派ワインの赤と白を配った。

 試食しながら、「チーズには基本的に赤ワインが合うが、硬いハードタイプのチーズには白も良い」などと説明した。

 参加者から「温めて食べるのに合うチーズはどれ」「日本のチーズのレベルはどうか」などの質問もあった。平賀さんは「日本のチーズも良いものがあるが、輸入チーズの関税などを考えると価格がやや高い気もする」と話した。

 冒頭、松本会長は「チーズとワインというと、日本人としては難解なところもあり、国際化する社会へ向け、知識を仕入れておきたい」とあいさつした。

 【写説】参加者の質問に答える平賀さん(右)=熱海市昭和町の起雲閣音楽サロン

各地の最新の写真
伊東
山口君(伊東高1年)手帳甲子園に出場 「独自記号で生活管理」
下田
「力合わせ、町を元気に」 斎藤町長ら、退任あいさつ―松崎
中伊豆
函南駅に駐輪場新設 140台、防犯カメラも―県道拡幅対応
熱海
熱海の食の在り方考察 地域創生トレセンプロジェクト―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)