新たな顧客開拓を 熱海・常盤木羊羹店、東京のイベントに出店

熱海版 2017年11月25日

羊羹コレクションで販売する「鶴吉羊羹」を手にする前沢龍也さん(右)と綾乃さん
羊羹コレクションで販売する「鶴吉羊羹」を手にする前沢龍也さん(右)と綾乃さん

 熱海市銀座町の常盤木羊羹(ようかん)店総本店(前沢龍次社長)は25、26の両日、東京都渋谷区で「トウキョウ・クラフト・マーケット」に合わせて開かれる「羊羹コレクション」に出店し、「鶴吉羊羹」などを販売する。虎屋(東京)、米屋(千葉)といった業界大手と共に、新たな羊羹文化を発信する。「四代目鶴吉」の前沢龍也さん(34)は「鶴吉羊羹の名を知ってもらういい機会。新たな顧客の開拓につなげたい」と話す。

 和菓子の老舗メーカーが集まり、羊羹の魅力を発信する催しとして国内外で回を重ねている。幅広い世代が来場する同マーケットとのコラボは、虎屋専務の黒川光晴さん(31)が提案し、菓子店5社と「久保田」の蔵本・朝日酒造などが協力して企画、運営準備を進めてきた。龍也さんは「提案を受け、真っ先に『やりたい』と手を挙げた。前例がないことで、面白い、新たな文化を創造できると思った」と振り返る。

 常盤木羊羹店総本店の同コレクションへの出品・出店は4回目。高級コニャック(ブランデー)「レミーマルタン」を使った新作の「鶴吉羊羹レミーマルタンXO」と「同VSOP」、熱海ブランド認定品でもある「鶴吉羊羹・橙(ダイダイ)」に加え、「マカロンモナカ」を販売する。姉で常務の綾乃さん(37)と共に商品をアピールする。

 イベントの一環で催されるセミナーの締めくくりには、鶴吉羊羹のVSOPと橙、米屋の羊羹や各羊羹に合わせて作ったオリジナルのジュースと共に参加者にプレゼントする。

 イベント会場は青山通り沿いの国際連合大学の中庭広場で、時間は両日とも午前10時~午後4時。入場無料。

 【写説】羊羹コレクションで販売する「鶴吉羊羹」を手にする前沢龍也さん(右)と綾乃さん―熱海

各地の最新の写真
伊東
地元老人会員らと正月飾り 鎌田幼稚園―伊東
下田
年末年始の安全確認 下田海保と海事事務所
中伊豆
3年ぶりに原点「第九」 三島で定期演奏会―伊豆新世紀合唱団
熱海
ジュニア・チャレンジスポーツ大会 熱海長浜公園

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)