値札付けなど学ぶ 多賀中1、2年生が職場体験―熱海

熱海版 2017年11月15日

指導を受けながら丁寧に値札を付ける生徒たち=桜町
指導を受けながら丁寧に値札を付ける生徒たち=桜町

 熱海市立多賀中(山田勲校長)の1、2年生143人が14~16日、市内外の企業、教育機関などで職場体験学習に取り組んでいる。それぞれ興味のある仕事を体験し、進路について考える。

 今回は市内と近隣の学校、ホテル、病院、飲食店など約80カ所が受け入れた。

 桜町の「花と緑のキタザワ」では、1年生の柴田実来さんと加藤美優さんが、商品の陳列や値札付け、配達の手伝いに取り組んだ。店員から「花の名前を覚えるように」と指示を受け、花の特徴を学びながら仕事に励んだ。

 柴田さんは「自分の興味ある仕事なので楽しい。業務の内容や花のことをしっかり勉強したい」、加藤さんは「配達先の人と話をするのが難しかった。多くのことを学び、将来は花屋になりたい」とそれぞれ話した。

 【写説】指導を受けながら丁寧に値札を付ける生徒たち=桜町

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)