芸妓、別れの場面“再現” 尾崎紅葉生誕150周年記念―熱海

熱海版 2017年11月13日

寸劇「金色夜叉」を披露する芸妓衆=熱海梅園
寸劇「金色夜叉」を披露する芸妓衆=熱海梅園

 ■「金色夜叉」演じる

 「もみじまつり」の開幕に合わせて11日、熱海梅園の中央広場で熱海芸妓(げいぎ)による寸劇「金色夜叉」が行われた。熱海市による尾崎紅葉生誕150周年記念事業の一環。「貫一」「お宮」に扮(ふん)した芸妓が、熱海海岸での別れの場面を“再現”し、来園者を引き付けた。

 貫一役は美華さん、お宮役は静さんで、「涙で今月今夜の月を曇らせる」というせりふで有名な「熱海海岸の場」を演じた。また他の芸妓衆が踊り「紅葉の橋」「槍さび」「欣来節」を次々と披露して、まつり開幕に花を添えた。

 広場では「コーヒーハウス茶々」がオリジナルブレンドコーヒーで熱海ブランドにも認定された「貫一ブレンド」「お宮ブレンド」の試飲会と販売を行い、好評を集めた。

 【写説】寸劇「金色夜叉」を披露する芸妓衆=熱海市の熱海梅園

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集