焼きたて干物振る舞う 長浜公園で祭り―網代観光協

熱海版 2017年11月13日

焼きたての干物が人気の網代温泉ひもの祭り=長浜海浜公園
焼きたての干物が人気の網代温泉ひもの祭り=長浜海浜公園

 ■脂乗ったアジ、出店も

 「第43回網代温泉ひもの祭り」(網代温泉観光協会主催)が11日、熱海市の長浜海浜公園で始まった。焼きたてのアジの干物の振る舞いをはじめ、地場産品の販売などを催し、網代温泉の“あじ”をアピールした。12日まで。時間は午前10時~午後3時。

 脂が乗ったアジの干物約5千枚(2日分)を用意。法被姿の協会員が炭火で手際よく焼いて配った。網代イカメンチや焼きハマグリ、アジフライなどを販売する出店も並び、人気を集めた。

 東京都青梅市から直通電車で熱海を訪れたという佐々木敬さん(57)、美子さん(58)夫妻は「ホームページでひもの祭りを見て興味を持った。海を眺めながら食べる焼きたての干物はおいしい」と満足そうに話した。

 同まつりは網代温泉の感謝イベントで、12月と来年1月は大縄公園、2月は長浜海浜公園で開く。駒嶺洋実行委員長は「11月の祭りを長浜海浜公園で開くのは今回が初めて。網代と多賀の魅力を伝えたい」と話した。

 問い合わせは同協会〈電0557(68)0136〉へ。

 【写説】焼きたての干物が人気の網代温泉ひもの祭り=熱海市長浜海浜公園

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集