全国の32曲披露 市民文化祭民謡発表会―熱海

熱海版 2017年11月10日

気持ちを込めて歌う出演者=昭和町の起雲閣音楽サロン
気持ちを込めて歌う出演者=昭和町の起雲閣音楽サロン

 熱海市民文化祭の民謡発表会(市民謡連盟主管)が9日、昭和町の起雲閣音楽サロンで開かれた。牛追い会(紺野公也会主)、JR東海民謡クラブ(福岡正良会長)から30人が出演し、日頃の練習成果を披露した。

 「武田節」「山形大黒舞」「南部牛追い唄」など全国各地の民謡32曲を尺八、三味線などの演奏とともに発表した。昼食を挟んで飛び入りコーナーも設け、出演者らが交流を深めた。フィナーレでは、全員で「花笠音頭」を歌った。

 今年は会場を南熱海マリンホールから、起雲閣に移した。来場者から「立ち寄りやすい」という意見もあったという。

 【写説】気持ちを込めて歌う出演者=昭和町の起雲閣音楽サロン

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集