踊り、交流楽しむ 中銀合同ダンス同好会がパーティー―熱海

熱海版 2017年11月06日

華やかな衣装に身を包みダンスを楽しむ参加者=ホテル・ニューアカオ
華やかな衣装に身を包みダンスを楽しむ参加者=ホテル・ニューアカオ

 ■愛好者80人が参加 

 熱海市の中銀ライフケア合同ダンス同好会(及川基秋会長)は5日、ホテル・ニューアカオで創立42周年記念ダンスパーティーを開いた。メンバーと市内のダンス愛好者ら約80人が集まり、踊りと交流を楽しんだ。

 華やかな衣装をまとった参加者は、生バンドの演奏に合わせてワルツやチャチャチャ、タンゴ、ジルバなどを次々と踊った。

 トップアマチュアの附田優翼さん(27)・奈緒美さん(25)ペアによるデモンストレーションもあり、華麗なステップで参加者を魅了した。

 優翼さんはダンスタイムにもフロアに出て、女性メンバーらをリード。市内から参加した高崎和江さん(73)は「歩幅が広くて踊りやすかった。さすがだと思ったし一緒に踊れてラッキーだった」と声を弾ませた。

 附田ペアとの撮影会、抽選会もあり盛り上がった。

 同好会は1975年、同マンションに住むダンス愛好者らで発足した。以来、年3回のパーティーを中心に、月例練習会などの活動を続けている。

 周年記念のパーティーはメーンイベントで、及川会長は「歴代役員ら歴史と伝統をつくり上げてきた皆さんに心から感謝したい。このパーティーが楽しく、明るく、記憶に残る日になることを願う」とあいさつした。

 【写説】華やかな衣装に身を包みダンスを楽しむ参加者=ホテル・ニューアカオ

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集