伊豆山「せかいえ」新棟オープン 熱海

熱海版 2017年11月04日

大前さんがプロデュースのペントハウス「月の道」=伊豆山
大前さんがプロデュースのペントハウス「月の道」=伊豆山

 ■経営幹部向け研修施設 稼働率好調で拡充

 高級温泉旅館の機能を兼ね備えた熱海市伊豆山の経営幹部向け研修施設「ATAMIせかいえ」の隣接地に3日、新棟「ATAMIせかいえ月の道」がオープンした。既存棟の稼働率が好調に推移していることから、経営コンサルタント大前研一さんが社長を務める「ビジネス・ブレークスルー」(BBT、東京都千代田区)が施設を拡充し、部屋数を増やした。同日、大前さんらが出席し記念式典を開いた。

 新棟は鉄筋コンクリート造6階建て、延べ床面積1955平方メートル。13の客室は既存棟の客室(12室)と同様に全て相模湾を一望し、源泉掛け流しの温泉露天風呂を備える。ほかに鉄板焼きレストラン、カラオケサロンを設けた。

 最上階は「月の道」「雲の波」と名付けたペントハウス2室が入る。「月の道」は大前さん自ら調度品などをプロデュース。窓辺にサブキッチンがあり、海を眺めながら調理したての料理を味わえる。施工は大同工業(伊東市)。運営は熱海で高級旅館「ふふ」「海峯楼」を営むカトープレジャーグループ(東京都千代田区)が引き続き当たる。

 せかいえは、経営幹部が徹底的に議論し、考える空間として2015年4月にオープン。以来BBTのセミナーや外資系を含む企業の研修で活用されている。収容人数40人のセミナールームに対し、客室の収容人数が限られていた。

 記念式典で大前さんは、「月の美しさをめでる思いを込めた」と新棟のコンセプトにふれ「サービス、食事などあらゆる面で、熱海だけでなく日本で最高級の施設。世界に飛び出していく人材をここから輩出したい」と話した。

 新棟は1室2人利用で9万5040円(税、サービス料込み)から。一般の宿泊は6日に始まる。詳しくは公式ホームページで。

 【写説】大前さんがプロデュースのペントハウス「月の道」=熱海市伊豆山

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集