「着物着て街歩きを」 中央町に美容院併設レンタル店―熱海

熱海版 2017年11月03日

オープンに向け準備を進める「きものや」と「よはん」のスタッフ=中央町
オープンに向け準備を進める「きものや」と「よはん」のスタッフ=中央町

 ■きょう開店 「にぎわい拠点に」

 熱海市中央町の市役所近くに3日、美容院を併設した着物のレンタル店がオープンする。「カマダ」(鎌田五六社長)が所有するビルの地下1階に開設する「きものや」で、同社は「観光客だけでなく市民にも着物を着て街を歩き、普段とは違う目線で熱海を楽しんでもらえたらうれしい。街のにぎわいづくりにつながるといい」と話す。

 街歩き用の小紋約60枚を含め、浴衣や振り袖など400枚ほどをそろえた。レンタルと着付け、ヘアセットをワンストップでサービスする。美容院は同社が営む「ビューティーJOY」の支店「よはん」になる。

糸川通じる地の利生かす

 同じビルの1階では3年前から、“ふわふわかき氷”と“さくさくたい焼き”の店「りゅうぎや」を開いてきた。斜面に建つビルで、地階の出入り口が糸川沿いにも通じる地の利を生かし、新たにまちおこしにつながる店づくりを計画した。「あたみ桜の時期に、着物を着て糸川沿いの散策を楽しんでもらうにも、便利な場所だと思う」と期待する。

 「きものや」開店に合わせ、持ち帰り専門店だった「りゅうぎや」も触れ合いの場になるように、和喫茶にリニューアルした。カマダ専務の将義さん(39)は「店を交流や癒やしの場、にぎわいづくりの拠点にできるといい」と思いを話した。

 詳しくはきものや〈電0557(81)1007〉へ。

 【写説】オープンに向け準備を進める「きものや」と「よはん」のスタッフ=熱海市中央町

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集