熱海市まちづくり審議会 改定案話し合う 

熱海版 2017年10月11日

まちづくり基本計画について話し合ったまちづくり審議会=市役所
まちづくり基本計画について話し合ったまちづくり審議会=市役所

 ■「電線地中化明記を」

 熱海市まちづくり審議会は10日、第8回審議会を市役所で開き、市が提示した市まちづくり基本計画の改定案について話し合った。

 基本計画は総合計画、都市計画マスタープランにおけるまちづくりの考え方やルールを示した指針。同審議会ではマスタープラン改定に伴う見直し案について、川口宗敏・静岡文化芸術大名誉教授を会長に、有識者ら委員7人が審議している。

 改定案では、都市計画マスタープラン改定案に盛り込まれた「多様な暮らしが実現できるまち熱海~高めよう“あたみりょく”~」をまちづくりのテーマに設定。現行計画にある「住みよい市域を形成する基準などの考え方」にかえて、「住みよい市域を形成するための協働のまちづくりの仕組み」を組み入れ、協働のまちづくりを推進するとした。

 会議では交通体系の整備で示された伊豆湘南道路の詳細明記、市民が利用しやすい中心市街地有料駐車場の在り方の検討、防災面で効果のある電線地中化の明記などを求める意見が出た。

 市は審議会の意見を反映した最終案を年度内に再度諮り、来年度から新計画に基づくまちづくりをスタートさせる。

 【写説】まちづくり基本計画について話し合ったまちづくり審議会=市役所

各地の最新の写真
伊東
全国小学生一輪車大会 稲葉ペア(伊東南)5位入賞
下田
保育の人材不足改善へ 県と賀茂6市町―チャレンジ事業に6人
中伊豆
若者戻ってくる場所に 各界17人が意見交換―伊豆半島地域会議
熱海
住警器取り付け促す 熱海市消防本部が網代の高齢者宅40軒訪問

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)