ミス梅の女王オーディション 締め切り迫る―熱海市観光協会

熱海版 2017年10月07日

 熱海温泉郷の“観光大使”となる「ミス熱海」を選ぶ「第30代ミス熱海梅の女王オーディション」は、応募締め切りが今月末に迫った。主催の熱海市観光協会は「熱海の観光PRに協力してほしい」と市内や近隣市町からの応募を呼び掛けている。

 対象は2018年1月1日現在で20~27歳の未婚女性で、県内と東京、神奈川、千葉、埼玉の各都県の在住・在学者。他地区でミスや観光大使として活動していないこと、モデル・芸能事務所に所属していないことも条件になる。任期は18年1月から2年間。

 第1次審査の書類選考を経て11月19日に最終審査を行う。面接で梅の女王1人、梅娘と桜娘を2人ずつ選ぶ。梅の女王に30万円、梅・桜娘に15万円の賞金を贈る。

 ミス熱海はこれまで2年に一度、コンテストを開いて選んでいた。応募者が年々減少していることもあり今回、男女共同参画社会の中でのミスの在り方、選考方法を見直し、面接を重視したオーディション形式に変更した。

 応募は郵送または電子メールで受け付ける。詳しくは同協会〈電0557(85)2222〉へ。

各地の最新の写真
伊東
荒木田さん県連名表彰 伊東署地域安全推進員、防犯活動に尽力
下田
問題点見つけ対策を 災害時の初動確認―下田で賀茂指揮官会議 
中伊豆
「気軽に利用できる」 修善寺駅で衆院選期日前投票開始―伊豆
熱海
体育授業で詩舞練習 熱海高2年女子の37人

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)