「スイカ」で周遊券購入 DCに向け実証実験 熱海市

熱海版 2017年10月04日

鉄道やバス、買い物などで利用が進むJR東日本の「スイカ」=田原本町のJR東日本熱海駅
鉄道やバス、買い物などで利用が進むJR東日本の「スイカ」=田原本町のJR東日本熱海駅

 ■来年度の導入計画

 JRグループの2019年静岡デスティネーションキャンペーン(DC)に向けて熱海市は、人気の市内周遊券「熱海発見クーポン」をJR東日本のICカード「Suica(スイカ)」などで購入・利用できる実証実験に乗り出した。市内を周遊する2次交通の充実と利便性向上が狙いで、関係団体の協力を得て実験を進め、来年度からの導入を計画している。

 DCでは鉄道で訪れた観光客を各地の観光地に運ぶ2次交通の充実が課題となっている。普及が進む交通系ICカードの利用環境整備も求められており、DCをにらんだ観光客誘致の一環として企画した。

 計画では東海バスが運行する市内周遊バス「湯~遊~バス」の乗り放題1日券とMOA美術館、熱海城、アカオハーブ&ローズガーデンの入園・入館券、スイーツ11店の特典をセットにした同クーポンをICカードで購入できるようにする。クーポン機能を取り込んだカードを端末にかざすことでバスや施設が利用できる。購入・利用できるカードは交通系全般となる予定。

 実証実験にはJR東日本の関係企業、東海バス、クーポンの協力事業所が参加。バスや各施設に端末を配置し、決済などが問題なくできるか実験を行っている。市によると、関係団体も導入に前向きで、課題は端末の設置や運用という。

 市観光経済課の担当者は「市内の小売店や飲食店にはクレジットカード決済に対応していない店も多く、インバウンドを含めてキャッシュレスへの対応が求められている。熱海発見クーポンを手始めにカード決済の環境を整えていきたい」と話した。

 【写説】鉄道やバス、買い物などで利用が進むJR東日本の「スイカ」=田原本町のJR東日本熱海駅

各地の最新の写真
伊東
Xマスコンサートで魅了 ストリングアンサンブル伊豆―伊東
下田
ロープ使い小物作り挑戦 下田・マリン講座
中伊豆
紙芝居に聞き入る 子ども30人Xマス会満喫―伊豆・天城図書館
熱海
LEDでXマスムード 長浜公園にイルミネーション―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)