供給収益4億2900万円 熱海市が「温泉事業のあらまし」作成

熱海版 2017年10月03日

熱海市が作成しホームページ上で公開した「熱海市の温泉事業のあらまし」
熱海市が作成しホームページ上で公開した「熱海市の温泉事業のあらまし」

 熱海市はこのほど、温泉事業の現状を報告する2016年度版「熱海市温泉事業のあらまし」を作成し、市のホームページで公開した。

 毎年作成している。42ページにわたる最新版では泉質、「熱海七湯」に代表される歴史と祭事の紹介に加え、市営温泉事業の現状と財務状況などを詳細に報告している。

 報告書によると、市が管理している源泉数は休止中20を含めて計60。最高温度は来の宮湯の96度、最大湧出量は第1和田木湯の毎分178リットルで、16年度は約105万立方メートルをくみ上げ、家庭や旅館など1370件に計49万5千立方メートルを給湯した。用途別構成比は自家用30.1%、営業用67.1%、共同用1.5%などとなっている。

 16年度比較損益計算書によれば、営業収益は4億5800万円で、うち主力の温泉供給収益は4億2900万円だった。純利益は6700万円。

 【写説】熱海市が作成しホームページ上で公開した「熱海市の温泉事業のあらまし」

各地の最新の写真
伊東
全国小学生一輪車大会 稲葉ペア(伊東南)5位入賞
下田
保育の人材不足改善へ 県と賀茂6市町―チャレンジ事業に6人
中伊豆
若者戻ってくる場所に 各界17人が意見交換―伊豆半島地域会議
熱海
住警器取り付け促す 熱海市消防本部が網代の高齢者宅40軒訪問

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)