「検察審査会知って」 協会、熱海駅周辺で街頭広報

熱海版 2017年10月03日

啓発品を配布する関係者=JR熱海駅周辺
啓発品を配布する関係者=JR熱海駅周辺

 沼津検察審査協会(辻井啓会長)は2日、熱海市のJR熱海駅で検察審査会制度をPRする街頭広報活動を行った。会員10人が啓発品を配り審査会について周知を図った。

 法の日週間(1~7日)に合わせた活動で、県東部の各市町で実施している。ポケットティッシュとリーフレットを市民や観光客に手渡した。市内唯一の協会員和泉通子さん(紅葉ガ丘町)は「市民の多くは制度を知らない。より多くの人に知ってもらえるように、活動に努めていく」と話した。

 検察審査会は検察官が容疑者を不起訴処分としたことについて、選挙権を持つ国民から選ばれた11人が、妥当か否かを審査する制度。同協会は審査員経験者で組織し、審査会申し立てへの橋渡しを務めている。

 【写説】啓発品を配布する関係者=JR熱海駅周辺

各地の最新の写真
伊東
全国小学生一輪車大会 稲葉ペア(伊東南)5位入賞
下田
保育の人材不足改善へ 県と賀茂6市町―チャレンジ事業に6人
中伊豆
若者戻ってくる場所に 各界17人が意見交換―伊豆半島地域会議
熱海
住警器取り付け促す 熱海市消防本部が網代の高齢者宅40軒訪問

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)