夏の自由研究成果 優秀作113点―熱海市内小中理科展始まる 

熱海版 2017年09月11日

観察や実験の成果をまとめたファイルや理科工作が並ぶ理科自由研究作品展=第二小
観察や実験の成果をまとめたファイルや理科工作が並ぶ理科自由研究作品展=第二小

 熱海市内小中学校理科自由研究作品展(市教育委員会、市教育研究会など主催)が9日、市立第二小地下ギャラリーで始まった。児童・生徒が夏休みを中心に取り組んだ理科の自由研究の中から、優秀作品113点が出展され、初日から家族連れでにぎわった。10日まで。

 生活や学習の中で課題を見つけ、観察や実験を踏まえて研究成果をまとめた作品が並んだ。テーマは「伊豆半島の砂浜のちがい」「割れにくいシャボン玉」「鏡のくもりを防ぐ方法」「紙の枚数と強さ」などさまざま。学校のグラウンドに生える草木100種類の葉を押し葉にしてまとめた児童や、タンポポの綿毛の模型をコピー用紙で作り、飛ばす実験を重ねて研究した生徒もいた。

 初日、ギャラリーには次々と出品者らが家族と共に訪れ、研究成果を確認。来年以降の参考にしようと、他の作品も熱心に見て回った。小学1年から「アリの研究」をテーマに取り組んできた岩井隼稔君(桃山小6年)は、家族と一緒に出品作を広げ「今年は女王アリから卵が生まれる瞬間が見られた。集大成になった」と話した。

 10日の開催時間は午前10時~午後4時。

 【写説】観察や実験の成果をまとめたファイルや理科工作が並ぶ理科自由研究作品展=第二小

各地の最新の写真
伊東
公園巡りスマホで楽しく 伊豆シャボテンに体験型アプリ
下田
リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町
中伊豆
天然アユ増へ産卵場造成 国交省沼津協力で重機作業―狩野川漁協
熱海
歩道沿い、樹木にハチ 十国峠伊豆山線、住民が注意喚起―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)