秋季市民教室始まる 第1弾はハーブ―熱海市教委

熱海版 2017年09月11日

三輪さん(左)からハーブティーの入れ方、楽しみ方を学ぶ参加者=市いきいきプラザ
三輪さん(左)からハーブティーの入れ方、楽しみ方を学ぶ参加者=市いきいきプラザ

 ■三輪さんが特徴解説

 熱海市教育委員会は9日、秋季市民教室の第1弾として「ハーブティー&ヘルスケア講座」を市いきいきプラザで開いた。女性13人が参加して、ハーブの効能や楽しみ方を学んだ。

 講師は市内でサロンを開くメンタルハーバリストの三輪幸恵さんが務めた。ハーブを使う際の心構えから説明し、マロウ、ハイビスカス、ペパーミントなどのハーブティーを入れ、効能や特徴を解説した。

 参加者は実際にハーブティーを飲み、味や香りを確かめた。ペパーミントとスペアミントの生葉の茶を試すと「爽やかな香りがする」「フレッシュな感じ」といった声が上がった。

 渡辺和子さんは(67)は「ハーブティーはおいしいし、体にもいいから生活に取り入れたい。効能が分かれば安心して飲めると思う」と話し、熱心に受講した。

 秋季市民教室は全5講座で、他の「絵手紙」「食器に絵付け」「パッチワークキルト」「発酵食」の4講座は今月末から10月中旬にかけて順次スタートし、それぞれ8回にわたって開く。

 【写説】三輪さん(左)からハーブティーの入れ方、楽しみ方を学ぶ参加者=市いきいきプラザ

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)