AI、外国出身者、市民ら交流 飲食物手に会話楽しむ―熱海

熱海版 2017年09月09日

和やかに歓談を楽しむ参加者=市いきいきプラザ
和やかに歓談を楽しむ参加者=市いきいきプラザ

 熱海国際交流協会(AI)は8日、外国籍・出身者と市民が交流する「国際交流サロン」を熱海市いきいきプラザで初開催した。メキシコ、ペルー、コロンビア、中国、台湾出身で市内に在住・滞在する11人が参加し、スタッフら日本人と歓談のひとときを過ごした。サロンは10月以降、定例で開催する。

 気軽に交流や暮らしの情報をシェアできる場を設けようと、事業スタッフが中心となって企画。日本語教室開講日に合わせて実施した。おにぎりやサンドイッチ、菓子なども用意した。

 参加者は思い思いに飲食物を手にし、日本語で会話を楽しんだ。スタッフが「日本人は親切にしてくれるか?」と質問すると、OKサインや拍手でそれぞれ応えた。メキシコ出身の演奏家3人組が日本のヒット曲を日本語で披露する場面があり、他の参加者も手拍子を送ったり一緒に口ずさんだりして盛り上がった。

 8月に来日したばかりという台湾出身の女性は「皆と一緒に話せて楽しかった」と声を弾ませた。メキシコ出身の男女は「いろいろな国の人と会えて楽しい」「もっと長い時間交流できるといい」と口々に話した。スタッフの誘いで参加した小野和子さん(82)は「外国の人との交流は初めて。いろいろおしゃべりできて楽しい」と語り、意気投合したフィリピン人研修生と“二次会”へと出掛けた。

 10月以降のサロンは毎月第2金曜日、正午から市いきいきプラザで開く。AI理事の河合英史さんは「自国の紹介をしてもらったり、各国の料理を作ったりと、皆さんの意見を取り入れながらサロンを続けていきたい。日本語での会話の練習の場にもなるといい」と話した。

 【写説】和やかに歓談を楽しむ参加者=市いきいきプラザ

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)