心構え、接客技術学ぶ 熱海高ビジネス観光類型3年

熱海版 2017年09月09日

寺沢さんのアドバイスを受けながらコップに水を注ぐ生徒=下多賀のニューとみよし
寺沢さんのアドバイスを受けながらコップに水を注ぐ生徒=下多賀のニューとみよし

 ■「高校生ホテル」へ実習

 県立熱海高のビジネス観光類型3年22人は8日、11月7、8日の1泊2日限定で開業する「高校生ホテル」に向け、会場となる熱海市下多賀の味と湯の宿ニューとみよしで実習に取り組んだ。外部講師を招き“ホテルマン”としての心構えや、レストランサービスの技術を学んだ。

 講師は鈴木学園(三島市)の学務主任でキャリアサポーターの寺沢拓志さんが務めた。

 ホテル大手のプリンスホテルで勤務経験がある寺沢さんは「一つ一つのサービスには理由・理屈・理論の三つの『理』が必ずある」と説明。コップに水を注ぐ時は▽相手に水が掛からないようコップを手に持ちテーブルから外して注ぐ▽相手に不快な思いをさせないようにコップは必ず底部を持つ−とアドバイスした。レストランサービス係の生徒5人が1人ずつ実践した。

 5人は食器の片付けにも挑戦し、実習中にコップやトレーを割ってしまう生徒もいた。寺沢さんは「皆さんと私の大きな差は経験値。本番まで多くの失敗をして、力を付けてほしい」と呼び掛けた。

 トレーを割ってしまった一木航太郎君は「トレーを持った瞬間から『仕事』だと認識することが必要だった。本番でしっかりできるよう、努力していく」と話した。

 【写説】寺沢さんのアドバイスを受けながらコップに水を注ぐ生徒=下多賀のニューとみよし

各地の最新の写真
伊東
風力発電機作りに挑戦 ペットボトルで親子30人―伊東でNPO
下田
沢路秀和さん(下田) 東海5位―モデルジャパン
中伊豆
児童、トップ選手ら熱戦 三島でレスリング女子オープン
熱海
飲酒運転根絶を 熱海署広報

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)