中学英語弁論、原さん(多賀3年)V、東部へ―熱海

熱海版 2017年09月08日

表情豊かにスピーチを繰り広げる原さん=市いきいきプラザ
表情豊かにスピーチを繰り広げる原さん=市いきいきプラザ

 ■代表生徒21人、暗唱、自作で成果競う 

 第69回熱海市中学校英語弁論大会(市教育委員会、市教育研究会英語主任部主催)が7日、市いきいきプラザで開かれた。市内4中学校の代表生徒21人が学年ごとに暗唱や自作の部で学習成果を競った。3年自作の部は多賀の原ルシアさんが1位となり、21日に開催される東部大会への出場権を得た。

 1年生はペアを組み、会話形式で暗唱の発表を繰り広げた。2、3年生は暗唱と自作の部に分かれて発表した。自作のテーマはフラへの思い、熱海と京都の違い、五輪の歴史と平和などさまざまで、身ぶり手ぶりを交え、表情豊かにスピーチした。

 審査は市内各中学と県立熱海高の英語教諭、同高ALTが当たり、発音や声の大きさ、スピーチの内容、論理性などをチェックした。

 結果は次の通り。

 【1年】(1)須藤美波萌・前岡海音(熱海)(2)四之宮優・加藤佳怜(泉)(3)岡部草太・森野帆南(多賀)

 【2年】暗唱(1)小林聖成(泉)(2)赤津秀和(多賀)(3)浜里愛海(熱海)▽自作(1)大塚豪(多賀)(2)公文結月(熱海)

 【3年】暗唱(1)平沢侑季(泉)(2)倉林彩也香(熱海)真野希更(多賀)▽自作(2)松下亜澄(熱海)(3)青山優海(同)

 【写説】表情豊かにスピーチを繰り広げる原さん=市いきいきプラザ

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)