違反広告物38枚を撤去 熱海市と県土木 初川沿い、国道を巡回

熱海版 2017年09月05日

無許可の看板を取り外す職員=清水町
無許可の看板を取り外す職員=清水町

 熱海市と県熱海土木事務所は4日、市内で屋外広告物パトロールと除去作業に取り組んだ。初川沿いや国道135号を巡回し、ルール違反の看板などを撤去した。

 屋外広告物適正旬間(1~10日)に合わせ実施した。初川沿いでは、職員5人が無許可で設置された地図の看板などを取り外した。看板を固定するため欄干に巻かれた針金を道具で切断し、計16枚を回収した。泉から網代の国道を車で見回り、違反物の有無も確認した。同日の活動で回収した違反広告物は38枚、多くは無許可で設置された地図の看板だった。

 伊豆半島ジオパーク世界認定、2020年の東京五輪・パラリンピック開催に向けて、伊豆地域は11月から県の条例で屋外広告物設置の規制が強化される。市の担当者は「看板などを設置する前にまず相談してほしい」と呼び掛けている。

 屋外広告物に関する相談は市都市計画室〈電0557(86)6383〉へ。

 【写説】無許可の看板を取り外す職員=清水町

各地の最新の写真
伊東
山頂から富士山望む 伊東・大室山、青空広がる
下田
敵将の帽子奪い合う 中学で運動会スタート―賀茂地区
中伊豆
台風一過で伊豆地区気温上昇 だるま山から富士山撮影
熱海
多様な模擬店人気 錦町町内会、会場変更し夕べ―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)