揺らめく明かり幻想的 送り火供養祭―熱海市伊豆山・般若院

熱海版 2017年09月02日

皆で装飾したキャンドルの明かりを楽しむ子どもら=伊豆山の般若院広場
皆で装飾したキャンドルの明かりを楽しむ子どもら=伊豆山の般若院広場

 ■キャンドル2500個、舞台も

 熱海市伊豆山の般若院(岡本興尚住職)で31日夜、「送り火供養・ろうそく祭」が開かれた。寺関係者や有志団体「伊豆山をおもしろくする実行委員会」(岡本吉浩実行委員長)が境内に約2500個のキャンドルを並べ、幻想的な雰囲気を演出。ステージイベントや模擬店も催し、集まった住民らは先祖供養と併せ、手作りイベントを楽しんだ。

 広場には伊豆山小の児童が装飾に協力した発光ダイオード(LED)のキャンドルが並び、来場者の目を引き付けた。揺らめく明かりに照らされた境内を散策し「雰囲気があってすてき」と話す女性もいた。

 同寺の岡本慈興副住職らにより、豊臣秀吉の小田原攻めの際に殺された伊豆山の僧兵や先祖、震災犠牲者らの供養会が執り行われた後、ステージで地元の山田音楽教室や豆州網代太鼓、ベリーダンスのグループが演奏や演舞を披露した。住民らは模擬店のカレーや焼き鳥を味わいながらステージを見たり、歓談したりした。

 8月最終日に送り火やたいまつをたき、先祖を供養する地域の風習を復活させた行事で12回目。伊豆山地区の各町内会も同祭に呼応し、広場や通り沿いにキャンドルを並べて地域をほのかな明かりで包んだ。

 【写説】皆で装飾したキャンドルの明かりを楽しむ子どもら=伊豆山の般若院広場

各地の最新の写真
伊東
風力発電機作りに挑戦 ペットボトルで親子30人―伊東でNPO
下田
沢路秀和さん(下田) 東海5位―モデルジャパン
中伊豆
児童、トップ選手ら熱戦 三島でレスリング女子オープン
熱海
飲酒運転根絶を 熱海署広報

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)