彩色施した馬、うろこ刻んだ魚―熱海・沢田美術館

熱海版 2017年07月13日

テラコッタの小品が並ぶ特別展示コーナー=沢田政広記念美術館
テラコッタの小品が並ぶ特別展示コーナー=沢田政広記念美術館

 ■手びねりの小品20点 

 熱海市立沢田政広記念美術館は、特設展示コーナーで「テラコッタ小作品展」を開いている。政広が手掛けた手びねりの小品20点が並び、来館者の目を引き付けている。

 地蔵や観音像をはじめ、彩色を施した馬、うろこを刻んだ魚など立体作品がずらり。「怪獣」と題した像、魚やウサギ、花などを描いたブローチも並んだ。

 テラコッタは素焼きの塑像や器のことで、政広はアトリエの前庭に窯をつくり、手びねりで短時間に制作できるテラコッタの小品を楽しんだという。

 開館30周年の節目に、同コーナーでの過去の企画展の中から好評を得たものを職員が選んで“再現”している。テラコッタ小作品展は第3弾で、9月7日まで(祝日以外の月曜は休館)。入館料は大人320円、中学・高校生210円。

 【写説】テラコッタの小品が並ぶ特別展示コーナー=沢田政広記念美術館

各地の最新の写真
伊東
「看多機、在宅医療支援に不可欠」 伊東市介護専門員協が研修会
下田
森林計画研究発表 いしい林業、樹芸研が全国へ―南伊豆
中伊豆
彼岸の入り 各地で墓参り―三島・田方
熱海
墓地掃除、故人しのぶ 秋の彼岸入り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)