広報や山岳パトロール 伊豆箱根林野火災防対協が総会

熱海版 2017年07月12日

あいさつする斉藤市長=市役所
あいさつする斉藤市長=市役所

 熱海市、駿東伊豆、富士山南東の3消防本部と6市町、管内の山林保有者で組織する伊豆箱根林野火災防止対策協議会(会長・斉藤栄熱海市長)は11日、市役所で2017年度総会を開いた。事業計画計画では、予防広報や山岳パトロールの実施を決めた。

 任期満了に伴う役員改選では会長に斉藤市長を再選した。伊東市長選により、副会長が佃弘巳氏から小野達也市長になった。

 火災予防広報として伊豆スカイライン料金所で防火標語入りのポケットティッシュを配布するほか、林野火災消火訓練、火災危険地域等の防火指導に取り組む。熱海市下多賀の防火水槽も修繕する。

 斉藤市長は「16年の協議会管内の林野火災はゼロだった。今後も連携を図り、林野火災の撲滅に尽力を願いたい」と話した。

 同協議会は1971年11月に林野火災の未然防止、火災発生時の連携などを目的に発足。現在は34団体が加盟している。本年度総会は5月に予定していたが、市内で林野火災が発生したため、延期となっていた。

 【写説】あいさつする斉藤市長=市役所

各地の最新の写真
伊東
「メガソーラーがジオ再認定、妨げないか」 観光委で中田県議
下田
花の会稲取支部に県感謝状 道路利用者会議、環境美化に貢献
中伊豆
華麗な演舞で魅了 16周年で特別ショー―伊豆・百笑の湯
熱海
書、絵画、写真など14点 環境芸術祭に作家8人―熱海・起雲閣 

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)