市内のトップ切り夏祭り 津島神社、にぎやかに神輿、山車―熱海

熱海版 2017年07月10日

「わっしょい、わっしょい」と掛け声勇ましく神輿を担ぐ子どもたち=下多賀
「わっしょい、わっしょい」と掛け声勇ましく神輿を担ぐ子どもたち=下多賀

 熱海市内の夏祭りの先陣を切る下多賀の津島神社(雨宮盛克宮司)の例大祭「中野津島天王祭」が8、9の両日、中野地区で行われ、子どもの神輿と山車が町内をにぎやかに練り歩いた。

 今年の祭典には中野町内会13組のうち8組と町内会青年部の神輿計9基と山車3台が参加。8日午後に神社境内に勢ぞろいし、安全祈願の神事を受けて一斉に出発し、2日間かけて全町内を回った。

 町内で最も子どもの参加が多いという7組では、幼児と小学生約30人が「わっしょい、わっしょい」と掛け声勇ましく町内を練り歩いた。9日午後は気温が30度を超える夏日に。子どもたちは途中で立ち寄った各組のお神酒所で冷たい飲み物と菓子の“接待”に笑顔を見せた。

 9日は神社本殿で、本宮祭の神事も厳かに行われた。

 【写説】「わっしょい、わっしょい」と掛け声勇ましく神輿を担ぐ子どもたち=下多賀

各地の最新の写真
伊東
公園巡りスマホで楽しく 伊豆シャボテンに体験型アプリ
下田
リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町
中伊豆
天然アユ増へ産卵場造成 国交省沼津協力で重機作業―狩野川漁協
熱海
歩道沿い、樹木にハチ 十国峠伊豆山線、住民が注意喚起―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)