市内のトップ切り夏祭り 津島神社、にぎやかに神輿、山車―熱海

熱海版 2017年07月10日

「わっしょい、わっしょい」と掛け声勇ましく神輿を担ぐ子どもたち=下多賀
「わっしょい、わっしょい」と掛け声勇ましく神輿を担ぐ子どもたち=下多賀

 熱海市内の夏祭りの先陣を切る下多賀の津島神社(雨宮盛克宮司)の例大祭「中野津島天王祭」が8、9の両日、中野地区で行われ、子どもの神輿と山車が町内をにぎやかに練り歩いた。

 今年の祭典には中野町内会13組のうち8組と町内会青年部の神輿計9基と山車3台が参加。8日午後に神社境内に勢ぞろいし、安全祈願の神事を受けて一斉に出発し、2日間かけて全町内を回った。

 町内で最も子どもの参加が多いという7組では、幼児と小学生約30人が「わっしょい、わっしょい」と掛け声勇ましく町内を練り歩いた。9日午後は気温が30度を超える夏日に。子どもたちは途中で立ち寄った各組のお神酒所で冷たい飲み物と菓子の“接待”に笑顔を見せた。

 9日は神社本殿で、本宮祭の神事も厳かに行われた。

 【写説】「わっしょい、わっしょい」と掛け声勇ましく神輿を担ぐ子どもたち=下多賀

各地の最新の写真
伊東
きょう土用の丑 伊東市内専門店フル稼働
下田
仁科の真イカ料理に舌鼓 初バルに16店―西伊豆
中伊豆
高温、少雨で品質上々 田中山スイカ目ぞろえ会―JA伊豆の国
熱海
初の通知表に笑顔  熱海市内小中で終業式

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)