「工夫した表現見て」 きょうまで書道連盟小品展―熱海起雲閣

熱海版 2017年07月09日

会員の力作が並ぶ熱海書道連盟小品展=起雲閣
会員の力作が並ぶ熱海書道連盟小品展=起雲閣

 熱海書道連盟(加藤秋濤会長)の第35回小品展が8日、熱海市昭和町の起雲閣ギャラリーで始まった。会員45人が日頃の稽古の成果を発揮した作品を出展し、来場者の目を引き付けている。9日まで。

 20~90代の幅広い年齢層の会員が、漢詩や和歌、俳句、自作詩、好きな漢字など、それぞれ自由に題材を選び、筆をふるった。書体も自由で、文字の配置にも工夫を凝らした力作が並んだ。

 加藤会長は「会員が小品でも力強い作品ができるようになった。構成の仕方など、工夫した表現を見てほしい」と話した。

 9日は午前9時~午後4時。入場無料。

 【写説】会員の力作が並ぶ熱海書道連盟小品展=起雲閣

各地の最新の写真
伊東
「看多機、在宅医療支援に不可欠」 伊東市介護専門員協が研修会
下田
森林計画研究発表 いしい林業、樹芸研が全国へ―南伊豆
中伊豆
彼岸の入り 各地で墓参り―三島・田方
熱海
墓地掃除、故人しのぶ 秋の彼岸入り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)