七夕香当て遊びに挑戦 愛香会、楽しむ会に市内外52人―熱海

熱海版 2017年07月07日

七夕香を楽しむ参加者=上多賀の「そば処多賀」
七夕香を楽しむ参加者=上多賀の「そば処多賀」

 「七夕」を前に、香道を楽しむ熱海市民らのグループ「愛香会」は6日、上多賀の「そば処 多賀」で「七夕香を楽しむ会」を開いた。市内外から52人が参加して、季節の風情を取り込んだ香当てを楽しんだ。

 市民教室「香道教室」の修了者でつくるグループで、継続して大名香道安藤家御家流の名取・田賀月沙鶴(げっさかく)さんの指導を受けている。七夕香の会は昨年に続いて2回目で、同店での開催は初めて。田賀さんの自宅教室の生徒らと共に催し、日頃の稽古の成果を発表した。

 七夕香は伽羅(きゃら)、羅国(らこく)など用意された7種類の香木のうち、試み香で聞かなかった「牽牛(けんぎゅう)」「織女」の香を当てる遊びで、参加者は聞香(もんこう)炉を順に手に取り、顔を近づけて聞き分けに挑戦した。

 七夕飾りをしつらえた店内には、ほかに「星合(ほしあい)香」「源氏香」の席が設けられていて、参加者は順番に体験し、日本古来の芸道の世界に触れた。市内から参加の片岡淳子さん(75)は「本格的な香道を体験してみたいと思っていた。五感の一つを使って楽しめた」と満足そうに話した。

 【写説】七夕香を楽しむ参加者=上多賀の「そば処多賀」

各地の最新の写真
伊東
きょう土用の丑 伊東市内専門店フル稼働
下田
仁科の真イカ料理に舌鼓 初バルに16店―西伊豆
中伊豆
高温、少雨で品質上々 田中山スイカ目ぞろえ会―JA伊豆の国
熱海
初の通知表に笑顔  熱海市内小中で終業式

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)