透明度、油膜問題なし 県、熱海市内3海水浴場で水質調査

熱海版 2017年05月20日

採取した海水を容器に移す県東部健康福祉センターの職員=東海岸町の熱海サンビーチ
採取した海水を容器に移す県東部健康福祉センターの職員=東海岸町の熱海サンビーチ

 県東部健康福祉センターは19日、熱海市の熱海サンビーチ、長浜、網代温泉の3海水浴場で水質実態調査を行った。同センターの職員2人と、市公園緑地課の職員が担当した。気温、水温を計測し、肉眼で透明度、油膜などを確認した。同日の熱海サンビーチは透明度が高く、調査場所(水深2~2・5メートル)の2カ所とも、海底が見える状況だった。油膜も確認されなかった。

 採取した海水で化学的酸素要求量(COD)、pH、ふん便性大腸菌群数、腸管出血性大腸菌O157を検査し、セシウム134、同137の含有を調べる。検査結果は6月中旬、県生活環境課が県内各海水浴場を一斉に発表する。昨年は長浜と網代温泉が最高ランクのAA、サンビーチがAだった。

 【写説】採取した海水を容器に移す県東部健康福祉センターの職員=東海岸町の熱海サンビーチ

各地の最新の写真
伊東
川勝知事、中田県議に当選証書 「責任の重さ実感」―県選管
下田
西伊豆消防署、津波浸水域外に開署 下田地区組合
中伊豆
道路整備、取り締まり強化 三島署が事故対策会議―ドリフト暴走
熱海
MOA岡田茂吉賞、大賞に漆芸の林さん 美術館で発表―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)