ハナモモ、ソメイ見頃 23日まで花イベント―大仁瑞泉郷

熱海版 2017年04月15日

遊歩道を彩るハナモモとソメイヨシノ=熱海市郊外の大仁農場
遊歩道を彩るハナモモとソメイヨシノ=熱海市郊外の大仁農場

 ■食品、野菜、苗販売も

 熱海市に隣接する伊豆の国市浮橋の大仁瑞泉郷で「フラワー・ウイーク2017」(23日まで)のイベントが開かれている。園内はハナモモやソメイヨシノが見頃を迎え、散策に訪れる人を春本番の雰囲気で迎えている。

 濃いピンクや白いハナモモは、施設中央の池を取り巻く遊歩道沿いに多い。今年は池周辺に植わるソメイヨシノと見頃が重なり、華やかな共演となった。

 また駐車場に近い斜面では、交互に植わる白いユキヤナギと黄色いレンギョウが見頃を迎えている。

 新潟県の古民家を移築したエリアでは、県内最大級の桜「ともえ桜」が三、四分咲きとなった。15、16日には同桜の下で野点(300円)が行われる。午前10時から午後3時。

 期間中、ビーフカレーなどの軽食や自然食品を販売。野菜、苗の販売も予定する。23日は自然農法家庭菜園セミナー(有料・事前申し込み)などを行う。

 開場は午前9時~午後4時。問い合わせは同施設〈電0558(79)1118〉へ。

 【写説】遊歩道を彩るハナモモとソメイヨシノ=伊豆の国市浮橋の大仁農場

各地の最新の写真
伊東
川勝知事、中田県議に当選証書 「責任の重さ実感」―県選管
下田
西伊豆消防署、津波浸水域外に開署 下田地区組合
中伊豆
道路整備、取り締まり強化 三島署が事故対策会議―ドリフト暴走
熱海
MOA岡田茂吉賞、大賞に漆芸の林さん 美術館で発表―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)