加藤さん(下多賀)毎日書展会員に  熱海・群鴎社

熱海版 2017年03月14日

毎日書道展新会員作家展に出品する加藤さん
毎日書道展新会員作家展に出品する加藤さん

 ■「目標の一つ、やっと達成」

 熱海市下多賀に本部を置く書道研究群鴎社(加藤秋濤代表)の師範・加藤春彩(本名・美治)さん(59)=下多賀=が新たに毎日書道展会員となり、東京都千代田区のアートサロン毎日で開催中の「毎日書道展新会員作家展」に出品した。自作の詩を書いた作品で、20~25日の第3期展に並ぶ。

 母・瑞祥さん、叔父・秋濤さんの下、4歳で書道を始めた。学生時代に書から離れたこともあったが、結婚後、子育てをしながら筆を握り続けた。国内最大級の総合書展の毎日書道展には25歳から継続して出品、秀作賞を2回、佳作賞を5回受け、入選も重ねてきた。昨年の同展・近代詩文書部門で、山頭火の句を題材にした作品が3回目となる秀作賞に選ばれ、会員昇格の規定に達した。

 加藤さんは「会員への昇格は目標の一つだった。やっと達成できたという思いだった」と振り返り「自分がイメージする表現ができるように、これからも研さんしていきたい。社中の子どもたちには、書に取り組む姿勢を伝えながら、楽しんでもらえるように指導していきたい」と話した。

 新会員作品展は24回目。今回は新会員のうち218人の作品が6期に分けて展示される。

 【写説】毎日書道展新会員作家展に出品する加藤さん

各地の最新の写真
伊東
振り込め撲滅へ40人 伊東署、各区推薦の指導員委嘱
下田
カツオ100本さばき提供 岩地温泉大漁まつりにぎわう―松崎
中伊豆
「家族のように接した」 井上靖ふるさと会が座談会―湯ケ島
熱海
釣り愛好者が清掃活動 海岸の環境保全に貢献―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)